上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--  


  こんばんは

  今日は祝日でしたね

  いかがお過ごしでしたか?

  僕は普通に仕事でした(涙)

  でもさすがに休みの日なので

  定時でそそくさと机の上を片付けていると

  建物の外から

  少し歪んだ、そして少しか細く

  たらら~ らら、 チャラ ララララ~ ジジジ(ノイズ)

  と、懐かしの(もう若い子は知らない人もいるかも)チャルメラが聞こえました

  周りで

  「おお、懐かしいな」

  とか

  「なんか音が変じゃない?」

  と声が上がったので

  「僕、おなかも減っているし、ちょっと試しに食べてきます、月曜日に報告します」

  と、会社を出でチャルメラを追いかけました  
  
  角を曲がったあたりからまた
  
  か細く、チャララ~ララが聞こえたので

  曲がってみるとマンションの手前に、

  近づいてもなおか細く聞こえる、チャララ~ララ 

  を鳴らす車を見つけたので、

  運転席の横に行って僕は

  「すいません、ラーメン食べれますか?」

  と聞くと

  初老のおじいさんは

  「大丈夫だよ、600円です」

  といったので

  「じゃあ1杯お願いします」

  とラーメンを頼みました

  車の後ろで待っているとおじいさんは

  ゆっくりと後部座席の調理場へ入り

  ラーメンを作り始めました

  作るのを眺めながら

  「最近チャルメラあまり聞かないですね」

  というと

  「千葉じゃ、やってるの3人といないから、大変だよ」

  といいつつ程よくなれたテンポで準備して

  トッピングは、

  メンマに、ピンクの渦巻きのナルト、チャーシュー

  最後に、胸ポケットから

  すっと、名刺でも差し出すかのように

  パリッとした海苔を一枚添えてくれました

  そのとき僕は、この人は小技の効く人だなと感心しました

  しきりに、味が濃い目だから言ってくれれば薄めるよ

  といってくれたスープは、

  不思議な濁り方をしていました

  けど、素朴でなつかしいおいしいラーメンでした

  帰るとき、なぜかおじいさんが

  「じゃあ、がんばれよ」

  といってくれたので

  僕は、

  「遠いところ、ご苦労様です」

  と答えて別れました


  20090320(001).jpg

  お元気で~

  がんばってください!!

  なかなか、粋な人にあえて

  今日は良い一日だったなと

  思いました。


  20090320(002).jpg

  
スポンサーサイト
2009.03.20  
Secret

TrackBackURL
→http://kooic.blog35.fc2.com/tb.php/92-a82e1167
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。