上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--  

 皆さんこんばんは

 今日のニュースステーションを見た方はいらっしゃいますか?

 番組の後半で障害者雇用の特集をやっていたのですが
 
 
 学校で使うチョークを作る工場の話

 社長は、障害者学校の先生にそこの生徒を従業員として
 
 雇用することを頼まれ、はじめは断っていたけど

 生徒に就業することを体験だけでもさせてほしいというのを

 受け、研修生として学校の卒業生を工場で使っていたのですが

 生徒たちのひたむきに働く姿に感心した周りの従業員たちが
 
 研修の最後の日に、どうか彼らを正社員として工場で使ってほしいと

 お願いし、以後不況の浮き沈みにかかわらず障害者を従業員として

 雇用し続けていると

 社長や、工場長の話では

 これほどひた向きにはたらくことの大切さを教えてもらって

 わたしは、彼らに何をかえすことが出来るのか

 確かに(この状況下雇い続けていくことは)大変なことだが

 出来る限りのことをしていきたい

 と語っていた社長は、ものすごく深い顔をしていました

 なんだかとてもいい話でかなりこみ上げるものがあったのですが

 なんというか本当のものを見た気がしました

 仕事するのに人を思いやったり

 人のことを尊敬したり
 
 人の身を心配したり

 することが

 なんてあたりまえで、本当のことなんだ

 と思いました

 
 
 

 
 
スポンサーサイト
2009.02.13  
Secret

TrackBackURL
→http://kooic.blog35.fc2.com/tb.php/84-1463a4c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。