上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--  
2008_0406_212.jpg

少し悩んだりしているとき、街を歩いていて、ふと目に入った看板の文字が、誰か(心の中の神様のよ

うな存在)が与えてくれたヒントなのかも(例えば上向きの矢印を見て、今は前進あるのみとか)、

と物事を意味深に捉えようとしてしまうことがあるのですが、


意味って、例えばたまたま電車で隣に座って僕に寄りかかって寝ているお爺さん然り、僕

の見て、触れて、聴こえて感じた(知覚した)事象すべて(音楽であれ、人の話であり、街の風景であ

ったり、広い意味で情報)がそれぞれ自分の知覚と独立して存在していて

それをどう解釈するかは自分次第で、当然その解釈は主観性が強くなっているんだけど

それらの自分のあらゆる些細な日々の出来事を、もっとオープンに自由な気持ちで受け入れたいなあ

と、これから自分の懐の割にあわないくらいの高い買い物をしにいく途中で思っています

2008_0406_214.jpg


御茶ノ水駅のホームからみえた神社の手前の大きな桜が散って花びらがあたりに舞ってとても幻想

的な光景を体験できました

まるで中国の山の中に居るような錯覚に陥った

よかった

写真は飯田橋の牛込橋から撮ったものです

何か中国っぽい感じしませんか?
スポンサーサイト
2008.04.06  
Secret

TrackBackURL
→http://kooic.blog35.fc2.com/tb.php/23-af532bcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。